時計を手作りする!?オリジナル時計の作り方をご紹介

2017年11月8日

自分だけのオリジナルな時計を作ってみよう!

個性的な時計が欲しいけど、なかなか気に入ったものが見つからない・・・そんな時には、時計を手作りしてみましょう!時計って手作りできるの、って思いますが、実はとても簡単にハンドメイドできるんですよ。

今回はそんな時計の作り方について、ご紹介してみます。

時計のハンドメイドに必要な部品とは?

時計を作るために最低限必要なのは、「ムーブメント」と「時計針」の2つ。

ムーブメントは時計針を動かす動力部分で、これがないと時計は作ることができません。機械式のものとクォーツ式のものがありますが、手作り時計の場合はほとんどの場合クォーツ式のものを使います。

時計針は時刻を示す部品で、皆さんおなじみですよね。時針と分針、秒針がありますが、掛け時計の場合は秒針はない場合が多いようです。

これらのパーツは単体でも販売されていますので、ネット通販などで手に入れることができます。また最近では100円ショップでも時計のパーツを売っていることがありますので、確認してみてはいかがでしょうか。

オリジナル時計なら、デザインは自由自在!

上記のムーブメントと時計針さえあれば、文字盤やケースはオリジナルの物を使って時計をハンドメイドすることができます。

例えばお気に入りの写真やイラストをプリントしたものを文字盤に貼り付けたり、透明なアクリル板を文字盤に使ったり・・・とカスタマイズは思いのまま。時計のケースは必ずしも必要ではないのですが、自分で作ったオブジェの中に時計を組み込んだりすることもできますよ。市販の手作り時計作成キットも販売されているので、それを利用すればもっと手軽にハンドメイドを楽しめます。

いかがでしたか?自分だけのオリジナル時計で、個性的な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

パネライは、イタリアの時計ブランドです。イタリア海軍のための時計メーカーとしてスタートした歴史から、個性的な腕時計を作りだしており「デカ厚時計」と呼ばれ、流行になりました。