忘れずにチェックしたい!都会でも飼いやすいペットを選ぶときのポイント四つ

2017年11月8日

自分の住んでいるマンションで飼えるかどうか

都会暮らしの人は、多くがマンション生活を送っていることでしょう。一戸建てなら大抵どんな動物でも飼うことができますが、マンションの場合には飼えるペットが制限されるのが普通です。自分の住んでいるマンションのルールがどうなっているのかの確認は必須でしょう。金魚などはどこででも飼えますが、マンションによっては臭いのきついものが駄目というケースもあります。フェレットはどうなのか猫はどうなのかと、個別具体的に大家さんに確認を取るのがベストです。

鳴き声が近所迷惑にならないかどうか

たとえそのペットを飼ってもいいと大家さんに言われたとしても、あまりにも鳴き声が酷いものは避けておくのがいいでしょう。マンションは、隣の部屋と壁一枚で隔てられているだけなので、一戸建てに比べて音は伝わりやすいです。隣の部屋の人に迷惑をかけることがあってはいけませんから、鳴き声が大きくないペットを選ぶのが基本です。

留守にしたときにも元気でいてくれるか

ワンルームで一人暮らしをしているというのであれば、留守にすることも多いでしょう。学校や仕事に行っている間は、ペットを部屋に放置しておくこととなるので、それでも大丈夫なペットを選んでいきましょう。寂しい思いをすることのない小型の動物がいいかもしれませんね。犬や猫は案外寂しがりやなので、留守が多くなるとストレスを与えてしまう可能性があります。

世話のしやすさも重要なポイント

ペットによっては、抜け毛が酷いもの、虫しかエサとして食べてくれないものなどがいます。きちんと飼ったときのシミュレーションをして、自分に世話ができるか確認しておきましょう。いくらぐらいエサ代がかかるかも、一応計算しておくのがいいですね。

ペットショップなら神奈川県がおすすめです。神奈川県はペットが暮らしやすい環境ということもあり、たくさんのペットショップがあります。お気に入りのペットんを見つけることができます。